菊四裁サイズから菊全版サイズまで、お客様の支給データを多くのチェック項目から点検し、面付作業・RIP演算後アルミ版にフィルムレスで焼付けます。 その後一連の作業で現像からガムコートまで処理。最後は厳しい職人の目で検版し、お客様へお届けします。

 

 AMスクリーンは、通常の175線と同等のコスト・生産性で諧調再現性に優れた300線・2400dpi印刷を可能にしました。 従来の300線は解像度が4800dpiでしたが、これは一般線数の感覚で、高品質の印刷が実現できるため。

 生産面 においてもパフォーマンスを発揮します。CTPの付加価値がさらに高まり、より美しい印刷物が期待されている中、この300線・2400dpiの登場は、これから大きな営業戦略となるはずです